アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
tearoom
ブログ紹介
お茶でもいかが?
zoom RSS

夏の終わり

2018/08/10 17:18
 夏休みは九月に取るのが良い。若い頃はそう思っていた。動きたくなくなるほど暑くもなく、旅行に出るにもトップシーズンを外れた時期の料金はまだ二十代のお財布事情にはありがたい価格になっていた。良いことずくめと言うわけだ。そんなわけで数年九月は私の旅行シーズンとなっていた。
 ある年は日本海を目指し、能登半島で卒業制作のモチーフとなる風景を探した。ついでに金沢を散策した。東尋坊や飛騨山をふらついた年もあった。
 能登半島を目指したのは描こうと思っていたモチーフが冬の日本海の荒波だったからだ。歩ける時期にロケハンをして場所を決め、冬の厳寒期に歩き回るという危険な行動を出来るだけ減らそうとした。
 太平洋側で育った私には当時、日本海側に一種独特な憧れがあった。それが現在に微妙に関わったかもしれないのはご縁と言うものか。 
 何度か日本海を訪ねてみて、その海の青さが気に入った。太平洋とはまた別の冷たい色だ。砂浜は粒が細かく、車が走られる砂浜もあった。海岸線を何ヶ所か見て回り、とある場所に行きついた。宿泊先に予定していた国民宿舎の近くだったと思う。時間は午後遅く。水は透き通り、誰もいない。のどかというか、時間が止まったような夏の終わりの風景を写真に収めた。
 その穏やかさは妙に私の気持ちを揺さぶった。若さも手伝って激しい方面に目が向いていた私にはその風景は清涼剤のように心にしみたやさしさだった。この風景を絵にしたい。そう思った。後日、その写真は卒業製作の一枚に仕上がった。当初の計画のザバンザバンの荒波の絵よりも、出会いの感動を忘れずに絵にしたものの方が誰が見ても良いものに仕上がったようだ。卒業制作の批評会でも連作の中で一番評価が高かった。計算された思いよりも一瞬の感性の方が共感を呼ぶと言うことか。
 出会いの感動を絵にするといいものが出来る、というのはちょっとした発見だった。絵を見る見方も変わったかもしれない。絵を見て何を感動してこの絵を描いたのか感じる、というのはポイントの一つだ。
 夏の終わりは過ごしやすい時期だ。暑さは落ち着いてきて穏やかだ。人間、暑さを乗り越えた後は少々けだるい気分になる。そんなときにひなびた風景は妙に気分とシンクロする。砂浜には夏の落ち着かないコントラストの激しさはなく、かといって秋の実りの季節感もない。そこはただ、何かが終わった静けさだけがある。静寂をテーマに書いたわけではないのだが、結果的にそう言う絵に仕上がった。絵の中には人はおらず、雲と打ち上げられた海藻と少しの植物、木に覆われた岬と白い建物がある。当時は透き通った水の美しさを描きたいように思ったはずなのだが、今見直すと違うものが見える。当時の私はそこまで考えていなかったと思うのだが、絵の中には無意識も描き込まれるらしい。
 いっておくけれども、決して上手でも価値を感じる絵でもない。ただ、思いは伝わるように描けたと思う。
 その絵は今も自宅の玄関に飾られている。穏やかな風景は生活も穏やかに彩ってくれているようだ。

画像

 
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


夏の初め

2018/07/16 15:55
夏の初め

 春は曙 やうやう白く……清少納言の枕草子、言わずと知れた日本古来の随筆だ。今回はお題が「夏の初め」、ここしばらくエッセイになりそうな題材もない。ならば実験的に枕草子のようなエッセイにトライしてみようか。事実のみを書き連ねて味わいを積み上げる技、その足もとにも及ばないが、ものは試し、新たな視点が生まれると良い。
 夏の初め。透き通った雪融け水の美しさ。その水を吸い上げて花開く、五月は植物の季節だ。新緑のすがすがしさが目に染み、冬の痛みを洗い流してゆく。
 すみれやツツジ、水仙や名も知らぬ野の花から始まる花の季節はバラでクライマックスを迎える。
 つんつんととんがったつぼみが上を向いて並ぶ様はイスラムのモスクのようだ。やがて、ほろほろと花びらを開いていく。あるものは花びらが反り返り、あるものは中にいる姉妹たちを守るかのようにふんわりと開いていく。 六月は雨の季節だ。しっとりと、花の季節に盛り上がった気持ちを静かに治めていく。霧雨に濡れる新苗の田に満ちる水が静かに流れる音が耳にやさしい。蛙が鳴き、雉が羽ばたく。
 夏の初めは光り輝く季節だ。澄んだ空気、やさしい風、新緑の中の木漏れ日。その中で育つ生き物たちの命。
 これ以上書くと枕草子のような淡々と事実のみを書き連ねて味わいを出すところから外れる。これくらいにしよう。
 事実のみを書き連ねることの難しさ。人にはいつも解釈というものがついて回る。この解釈というものがやっかいで、解釈の違いが考え方の違いを生む。
 事実を受け入れるのは実はさほど難しくない。だが、事実について回る解釈を受け入れるのは時に辛い。感情に直結するからだ。
 感情は創作には必需品だ。自分の感じたままを表現する。だが、枕草子は時にそれを排除する。冒頭の「春は曙……」だが、ここが好き、というのは明記されてはいないが理解できる。しかし、そこから先に解釈やよけいな装飾がない。私だったら夜明けの美しさに「これから始まる一日への希望を映し出して……」とか書き連ねそうだ。枕草子ではその感傷的な部分は読者に委ねる。生活やちょっとしたことに見いだす事実の積み重ねの中に美があることを思い出させるという、とてもレベルの高い技を見せてもらっている。絵で言うところの余白の美だ。
 正直、今まで書いた部分を読み返してもだいぶ過剰な表現がある。削り落とす作業、これからの課題として目を向けてみよう。初夏は育ちの時期だ。私もまだまだ育つ余地があると思いたい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


広がりゆくもの

2018/04/19 17:50
 ダン・ブラウンという作家がいる。カテゴリー的には推理小説作家となるだろうか。傾向と対策がとても趣味に合って、かなり入れあげている。中でも彼の作品で世界的大ベストセラー、映画化もされた「ダ・ヴィンチ・コード」は相当なお気に入りだ。いつだったかにもちょっと触れた事があるが、車の中はほぼ「ダ・ヴィンチ・コード」か、そのシリーズを流している。吹き替えはめったに聞かない。大抵の場合、声が役者と合わない。さらに運転中の画面を見ていられないときに吹き替えの声を聞いていては何も意味がない。意味が取れようと取れまいと元の音声を聞く。
 主役のラングドンを演じているトム・ハンクスの英語は聞きとりやすい。端正な台詞回しという印象があるのだが、そこまで英語に精通していないので、印象がある、で留める。
 映画はパリ、ルーブル美術の館長であるジャック・ソニエール殺害から始まる。何重にも掛けられた謎とトリックをラングドンとソニエールの孫娘といわれているソフィーが協力して解き明かしながら真相にたどり着く。ストーリー上の仕掛けはかなりの数なのだが、原作は更に複雑に絡み合っている。いったん入り込むと抜け出せないおもしろさだ。
 さて。原作は原作のおもしろさがあり、それは文章を読みながら頭の中でその画面を想像たくましく楽しむ。途中でいったん戻って確認したり、寝落ちして夢に見たり、時にはラストや後書きを先に読み、カンニングして安心してみたり。楽しみ方は相当に自由だ。 DVDの方は主に運転中という事もあり、細かいところをみて楽しむ。
 ソニエールの孫娘ソフィー役のオドレィ・トトゥと言う女優は、「アミリ」と言う映画で主役を演じている。正直この女優が気に入っているのでこの「ダ・ヴィンチ・コード」をよく流している訳なのだ。トトゥのチャーミングな演技がとても良い。その他の作品の相手役女優はどうもそのあたりが不足気味な気がする。
 「ダ・ヴィンチコード」は俳優陣もよくて、ジャン・レノやイアン・マッケランが出演している。登場人物で、「シラス」という白子がいるのだが、まるで石膏像のような姿で美しい。とんでもない人ではあるのだが。とんでもないという点では同じラングドンシリーズの「天使と悪魔」のユアン・マグレガーも良い。だが、彼はスターウォーズの若い頃のオビワン役の方が良い。「天使と悪魔」も悪くないのだが、完成度は「ダ・ヴィンチ・コード」の方が上だ。それも頻度の差になっている。
 最近はBGMが気になっている。バイオリンが良い雰囲気だ。それで音楽と担当者についても調べた。映画音楽といえばジョン・ウィリアムズとかレナード・バーンスタイン、リチャード・ロジャースとかオスカー・ハマースタイン位しか知らない不勉強な分野なのだが、このシリーズはハンス・ジマー(ツィマー)と言う作曲家が担当だとわかった。このジマーという人は結構すごい人で、話題作を何本も担当している。今更ながら映画ってたくさんの人の頭と手を使って作られているなと実感する。
 そうして興味が向くとコレクターの血がウズウズする。DVDはある。BGMについて調べ始めた。好きな曲の楽譜を探したのだが、輸入ものらしい。更に困った事に10年以上も前の作品となると絶版になっているようだ。だが、輸入ものでも楽譜は同じだし、洋書だからと構える必要ないと気付いた途端、古本でも何でも良いから欲しくなった。手に入るかどうかはまあ、難しいのはわかったけれども。まだ手はあると信じよう。ジマーの傑作選に入っているものがあるのだが、それが欲しいものかどうかがわからない。それで、サントラCDを買ってみた。映画と同じように傾向と対策が私好みだ。映画が気に入っているのだから、それも当然か。よけいサントラ楽譜が欲しくなった。
 CDを聞いているとこのシーンに使われていた曲だと気付くと楽しい。車の中でなく、じっくり映画とCDを付き合わせてみたい。そうしてどんどんと小説から映画へ、シリーズ制覇へ、俳優チェックへそして音楽へ、どんどんと「ダ・ヴィンチ・コード」とダン・ブラウンとラングドンシリーズの世界が広がっていく。
 人はそれをマニアという病気と呼ぶ。
 さもありなん。甘んじて受け入れるしかない。好きなんだから。





ダ・ヴィンチ・コード [ トム・ハンクス ]
楽天ブックス
トム・ハンクス オドレイ・トトゥ ジャン・レノ ロン・ハワード【VDCP_399】 ダ ビンチ コー

楽天市場 by ダ・ヴィンチ・コード [ トム・ハンクス ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ダ・ヴィンチ・コード(下) (角川文庫) [ ダン・ブラウン ]
楽天ブックス
角川文庫 ダン・ブラウン 越前敏弥 角川書店 KADOKAWABKSCPN_【ニコカド2016_3倍

楽天市場 by ダ・ヴィンチ・コード(下) (角川文庫) [ ダン・ブラウン ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ダ・ヴィンチ・コード EC 2枚組 [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ダ・ヴィンチ・コード EC 2枚組 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ホームページアドレス変更のご案内

2016/03/27 15:14
本宅の方のホームページサービスが廃止になったのでアドレスが変わりました。

ついでに作り直したのでご案内

http://nozaki.art.coocan.jp/

一部開放です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


同一指揮者による演奏交流会

2015/11/09 15:39
画像
来月6日、新潟市秋葉区文化会館にて
佐藤匠先生指導のコーラス団体七つの交流演奏会があります。
それぞれ年齢層も音色もハーモニーも違う団体が同じ指揮者という共通点で演奏をします。
きっとお楽しみいただけます。
13:00開場、13:30開演入場無料
お待ちいたしております。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


天使の一枚

2015/06/03 23:38
天使の一枚
里芋

お台所で水栽培しているサトイモが、露を付けていました。
あまりに愛らしいので写真を撮った中で一番いいのをUP。
命って素敵です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


エッセイ新作

2015/04/17 17:52
本宅の方に新作エッセイをあげました。

春の味わいについての小文です。原稿用紙6枚分です。良かったら読んでください。

本宅ブログはこちら
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


お寺でコンサート

2015/04/13 16:19
お寺でコンサート




来月、新潟県燕市のお寺でコンサートあります。
詳細はこちら。

日時:平成27年5月10日(日) 午後2時から4時
場所:燕市大曲 福勝寺本堂にて
料金:1000円 (小中学生無料)

出演者:吉田 敦(バリトン、東京二期会) 三条吉田塾
     ピアノ伴奏 兼古 千恵

曲目:親子で楽しめます
混声アンサンブル 「河童譚」(カッパのいたずら)
大きな古時計 男声四重唱「筑波山麓男声合唱団」
オペラ「椿姫」より 「プロバンスの海と陸」
ひとりオペラ 宮沢賢治作 「セロ弾きのゴーシュ」   他
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


可愛い

2015/02/27 23:15
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


しゅーかく

2011/07/12 18:47
画像
雑草だらけの畑でもなんとか育ってくれた うれしい
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ごめんなさいっ

2010/01/08 01:31
色々書きたいことはあるんですが、



新幹事さん頑張ってね会のこととか、




正月マラソンで幹事のG先生走ってたよとか、




ええ、とっても書きたいことはあるんです。




今ちょっと取り込んでまして。



でもこれだけは書かなくちゃ。



(仮称)東公民館 オープニング

あじさいコーラス 出演します。

4月18日 午後2時から。




曲目その他、もう少ししたらお知らせしますね。
記事へかわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2


みぃつけたっ

2009/11/18 00:54
今年の市民音楽祭で指揮をして下さったN氏のブログを発見。

ここのアドレス貼ってきました。

とってもあじさいコーラスのことを大事に思っていて下さってうれしい。



DVD製作開始。
改めて聞くとやっぱりきれい。

この美しさを最大限に出せるように頑張ります。


                tae

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1


− タイトルなし −

2008/03/04 03:01
できた(^_^)v

ほほ。老熟の域に達したようで。

うるさい検定はネスレのサイトへGO。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ごちそう。

2007/07/28 23:27
画像
下の葉っぱ型したお皿は氷です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ケータイもオッケー

2007/07/06 02:00

大成功かも♪
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


別館開室です。

2007/07/04 03:28
今日は。
別館作っちゃいました。
さぁ。どうなる事やら。

こっちはアートな方面やら、お仕事な方面やらのお話ししましょうかしら。

よろしくね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


月別リンク

tearoom/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる